Home » AITOMOOSOONONIICHE by DOCTA OGURI
AITOMOOSOONONIICHE DOCTA OGURI

AITOMOOSOONONIICHE

DOCTA OGURI

Published October 25th 2013
ISBN :
Kindle Edition
79 pages
Enter answer

 About the Book 

「はじめに」より「え?お前が、ニーチェ?」「ニーチェなんか読んでたんだ」「ニーチェなんて、社会学に関係あるの?」「似合わねえなあ」「どうしちゃったの?」……初めて本を出すことがうれしくてこの電子本のことを漏らしたところ、様々な反応をもらいました。社会学とニーチェ……確かに、「なぜ?」と思われてもしかたないかな。私はこれまで社会学を勉強してきました。しかし、実のところ、私は人間嫌いで組織嫌いです。昔からの性癖ですが、つまり社会性だか社交性に乏しく、一時期はやった言葉で言えばKYおやじです。More 「はじめに」より「え? お前が、ニーチェ?」「ニーチェなんか読んでたんだ」「ニーチェなんて、社会学に関係あるの?」「似合わねえなあ」「どうしちゃったの?」……初めて本を出すことがうれしくてこの電子本のことを漏らしたところ、様々な反応をもらいました。社会学とニーチェ……確かに、「なぜ?」と思われてもしかたないかな。私はこれまで社会学を勉強してきました。しかし、実のところ、私は人間嫌いで組織嫌いです。昔からの性癖ですが、つまり社会性だか社交性に乏しく、一時期はやった言葉で言えばKYおやじです。こんな私がそもそも「社会学」という学問に手を染めるなど学生時代は想像すらできませんでした。社会学科などというところに入学してしまい、新明正道先生という偉大な師匠に出会ったのが運のつきだったのです。 ただ、歳をとるうちに次第に開き直ってきて、「社会の常識を疑うのが社会学ってなら、社会学の常識を疑うのも社会学じゃね?」という屁理屈が頭をもたげてきました。「裏」から、つまり「極私」から突き破ってみようか……。社会学の「常識外れ」は、「方法的自分主義」という妄想・妄論に行き着きました。個人主義、利